”1月, 2011”のエントリーを表示しています。

昨日、「宝塚伝説」を。

1月 30th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »

昨日、姿月さんがゲスト出演していらっしゃる「宝塚伝説」のステージを、青山劇場へ観に行きました。
初めてじっくりと、OGの華麗な皆様方のパフォーマンスを拝見し、ますます宝塚にある音楽学校に興味を持ちました。

姿月さんにはいつも、爽やかな、おしゃれな、優雅なパフォーマンスで魅了されます。

先日の早朝迄の打合せに続き、昨日も、新しいアイディアを合わせて再考し、liveの準備が進んでいます。全曲、live用シミュレーションをしようと思っていましたが、どうやらその必要はないとの見解も一致し、各musicianのアプローチが楽しみです。

素敵な liveにしたいです。

今日の楽器 WOOD BLOCK

1月 29th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »
201101231504001.jpg 201101231504000.jpg 201101231503000.jpg

27(木)窪田ミナさんの 六本木SWEET BASILでのLIVEが終わりました。

9月のFirst Live後の4ヶ月間、私は毎日のように窪田さんのalbumを聴いては、いい気分になっておりましたので、LIVEはまた、楽しく美しい音の時間でした。ステージ裏のモニターに映る演奏中の窪田さんの表情は清らかで淡々と美しく、流麗なピアノの音に、また、いい気分になりました。

今日の楽器は、窪田さん作曲の、ゲゲゲの女房の音楽でも使用した、wood blockの写真を載せます。

昨日の楽器

1月 15th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »

昨日、都内某放送局スタジオでレコーディングがあり、局の楽器を使ったため画像はありませんが、

YAMAHA TIMPANI 3台(23inch、26、29)、合わせCYMBAL、SNARE DRUM,、Gran Cassa、Suspendred Cymbal
というline upでした。

色々な録音現場で、Gran Cassaのキャスター付きスタンドが発するNOISEをMUTEするのに苦心することが珍しくなく、メーカ−さんに改良策を相談しなくてはと、また思った日でした。

小椋佳さんツアーでの 歌綴り内スペイン語訳

1月 10th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »
201101102130000.jpg 201101102130001.jpg 201101102130002.jpg

一昨日、Centro Cultural Latinoamericano-YOKOHAMA(ラテンアメリカ文化センター横浜)のスペイン語の先生、JAIME MORALES氏が通訳をなさったCarmen Wernerさん振付け、出演のコンテンポラリーダンスのデモンストレーションを観ました。

JAIME先生は「小椋佳コンサートツアー2010」での歌綴り(バンド全員が、演奏をしながら台詞も担当する物語仕立ての作品)、「黒い瞳の踊り子」の中で、私が歌うことになった、スペイン女性の歌の日本語の歌詞を、スペイン語に訳して下さった方で、既に16年、日本でスペイン語を教えていらっしゃいます。

ツアーリハーサルの途中、「少しは私に愛を下さい、をスペイン語で歌ってもよろしいでしょうか?」と小椋さんの承諾を求め、相談に快く応じて下さったハイメ先生と親友R子ちゃんと、レストランでワインをご一緒しながら、私が伝える日本語の歌を、自ら歌っては言葉を探し、繰り返し繰り返しテーブルのナプキンに次々書き留め、メロディにぴったり合うように、また、歌いにくいところは他の表現にして下さったり、という温かさに、心から感謝しております。今後の「情熱の踊りと優しい歌」開催の折には、またお世話になります。

ラテンアメリカ文化センター横浜のホームページはこちらです→

http://latinbunka-yokohama.jp/

昨日の打ち合わせ

1月 9th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »
201101090012000.jpg

昨日、姿月あさとさんのバースデイLIVEの打ち合わせがありました。

今年はソロdebut10周年にあたるそうで、姿月さんご自身のSelectによるベストアルバムもreleaseされています。

「シナトラって素敵ですよね!」「カルメン、オペラの?」「スタイリスティクスのあの曲、やっぱり好きなのよね〜。」「何これ、あしたのジョー?なんでこの曲知ってるの?真理恵さん。」などと、絶え間ない会話で気付けば数時間、楽しくて笑い続けている私に呆れていらっしゃらないといいのですが、、。

3月の東・名・阪が楽しみです。

グァテマリ参加Album 「誰も教えてくれなかったこと ・石川智晶」

1月 9th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »
201101082347000.jpg

Singer Song Writer石川智晶さんの
Album「誰も教えてくれなかったこと」に、

グァテマリの痛快なSoundが収録されており、更に、曲中でアイルランドのミュージシャン方と共演しています。AlbumのSoundProducer西田マサラさんの独特なSenseに触れる楽しさを、とても言葉にはできません(!)

バウロン担いでアイルランドをぶらりぶらり、が夢です。

6才からともに歩んできたマリンバという楽器

1月 7th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »

日付が変わり昨日、CDアルバム制作打合せのため、ジョイントして下さるsinger song writerさんの事務所へうかがいました。順調に、録音候補曲20曲弱をリストアップし、プリプロに着手することになりました。

そもそも、このレコーディングは、私が6才の頃から40年間ともに歩んできたマリンバという楽器を、ポピュラー音楽におけるギターのように自然に用いて、親しみやすい柔軟な音楽を創りたい、と願い、某レコード会社さんに提案してきたことが、今、実を結ぼうとしている、嬉しい機会なのです。

素敵な歌声とともに歌うマリンバの声をお届けできるよう、simpleに、丁寧に作っていこうと思っております。

本当に、晴れ晴れとした2011の始まりです。

こちらも御覧頂きたく、、。

1月 5th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »
201101052111000.jpg

忘れないうちに、「TOSHIBA Presents ピンクリボン JAZZY CAFE」のフライヤーを掲載致しました。

今年は、東京以外でも開催できたらと願っております。

昨秋の新宿の会場へのご来場は、やはりほとんどは大人の女性方でしたが、ぽつんぽつんと男性のお客様もいらして、びっくりしました。

女性誌「からだにいいこと」編集部プロデューサーさんがまとめて下さったピンクリボンに関するMCをはさみながら、和やかなLIVEになりました。

年頭に際し

1月 2nd, 2011 Posted in Diary | No Comments »

あけましておめでとうございます!
大晦日の都内某高層ホテルのカウントダウンパーティーは各国の美男美女で溢れ、cuban musicとともに、にぎやかな新年を迎えました。バンドに近づいて行ったところ、timbalesを知人が演奏していて、盛り上がり、
騒いでしまいました。

さて、今年はどんな一年になるのでしょうね。増えている地球上の人の何パーセントが雨風をしのげて、何パーセントが清潔な水を飲み、何パーセントが、、、と案じることにきりはありませんが、朝目覚めて、洗面所の蛇口から水が出ることに感動する気持ちを確認できたとき、なんとなく、ほっ、、としますね。

ふと、昨年のことを思い出しました。知人に、インドのカシミール地方の山にお寺をひらいた方がいて、昨年の洪水では1000人もの人がそのお寺に避難してきたそうです。その時、飲料水などが不足して、政府の助けは期待できない、と、メールが届きました。私に何が出来るかと焦って、カシミールの男性と結婚した四国在住の知人に相談しましたが、そのような折に、コップ一杯の水でも迅速に届ける手立てを見つけられないことにいらだち、常々の心がけを思い直しました。その僧侶がインドにお帰りになる前に、会って話を聞きます。

年頭のご挨拶から逸れてしまいましたが、
今年も、音楽によるコミュニケーションで笑顔が生まれますよう、
また、音楽が生きる力に繋がりますよう、思いをこめて歩んで参りますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

                          2011 1月 2日     大石真理恵