”3月, 2011”のエントリーを表示しています。

このような

3月 19th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »

事態にあっても、陽が上り、空は冴え渡り、窓の外のサクラの木の蕾が膨らみ出し、鳥が高らかに声をあげています。
冷たい板の上での避難生活を思うとつらいですが、今日は気温が上がり少しほっとしています。

遅れていたレコーディングのプリプロを続けながら、友人と、出張演奏の相談をしております。

今日が、無事でありますように。

今日の楽器「TIMPANI MALLET 」

3月 7th, 2011 Posted in BLOG | No Comments »
201103070050000.jpg 201103070053000.jpg 201103070052000.jpg

写真は、昨日のレコーディングで使ったティンパニ用のマレットです。

音場に、硬い音を求められた際、木製ヘッドではattackがきつすぎて、竹製の柄にフェルトタイプのヘッドでは少し頼りないと思っていたところ、ヘッドに丁寧に巻かれた柔らかい動物の皮が目にとまり、手に取ると、波打った柄が握りやすいマレットを昨年見つけました。

Rock的アンサンブルでティンパニを叩く場合も多々あり、また映画の戦闘シーンなどの場合にも、かなりハードヒットするのですが、どんなときも楽器をしっかり鳴らすことの不可欠さを思うと、様々なティンパニスト方の極上の音を聴いて、鳴りきっている楽器の音質を携えた上で、自分なりの音色をImageできたらと、常々願っています。

今年は、、、

3月 4th, 2011 Posted in BLOG | 1 Comment »

桃の節句を過ぎ、また気温が下がっていますね。昨夜は、自宅近くの、スタインウェイがある「beats paradice studio」へ行き、ベーゼンドルファーと並び、pianist方がこの楽器を使いたがる理由が、パーカッショニストの私にも解るなあ〜と、つくづく思いました。自宅に置いてあるADAMS社製のmarimbaに出会えたことも、TIMBAのcongaに出会えたことも、本当に嬉しいことで、「音を出していて快い楽器」がなければ始まらない、と感じる日々です。今年は何かにつけ、こだわり抜きたいことが続き、それを求める時間や環境をいただけていることに、幸せを感じております。

来週から、姿月あさとさんならではのドラマティックなlive stageが始まります。
宝塚のスターでいらした姿月さんが、今、リアルに見据えていらっしゃるものを垣間見に、心からの声を聴きに、ぜひ、お出かけ下さいませ。詳細は「NEWS」をご覧下さい。

今日の楽器「サンバホイッスル」

3月 3rd, 2011 Posted in BLOG | No Comments »
201103031111000.jpg

写真は、来週の「PRAYER 5」で久しぶりに使うサンバホイッスル。

サンバといえば、今年のリオのカーニバルはどんな様子でしょうね!
ちょうど今、アシスタントのYちゃんはトリニダードトバゴへスティールパンのカーニバルに出演しに行っています。一昨年、ポッと行った現地で、あるteamに参加して優勝したと聞き、びっくりしました。1team100人編成で、何team参加するのでしょう。帰国後土産話を楽しみに待ちます。

今日の楽器「カバサ、インディアンベル」

3月 2nd, 2011 Posted in BLOG | No Comments »
201103021758000.jpg

今日の都内某Studioでの映画音楽のレコーディングで、

ダラブッカ、フレームドラム、ポット・ドラム、スネア、ティンパニ、グロッケン、ベルトゥリー、カバサ(写真)、インディアンベル(写真)、ウッドブロック、シンバル、ウィンドチャイム、レクをダビングしました。

久しぶりに会えた、打楽器奏者Y子ちゃんと二人、作曲家と監督による各シーンの説明を聞き、映像を観ながら浮かんだIdeaを音に表現するというような、打楽器の楽しさや味わいを伝えられる録音は素敵な時間です。