”5月, 2012”のエントリーを表示しています。

MUSIC MAGAZINEにAlbum 「Take your time 〜マリンバの世界へようこそ」が紹介されています

5月 28th, 2012 Posted in BLOG, MEDIA | No Comments »
201205281434000.jpg 201205281436000.jpg

先週、姿月あさとさんの新潟3公演を終え、帰りの新幹線に乗る駅のホームで姿月さんから何気なく発せられた「なんて儚いんだろう…どんなに素敵な音も演奏も、瞬間瞬間、跡形もなく消えてしまう…」という問いかけのような声に、深く共感しつつも、忘れられない響きの記憶だけを頼りに、瞬間瞬間を綴れ織る、我々ミュージシャンはいつも、先に在るだろう「新たな忘れられない響き」を求めて歩を進めるしかないのだろう、と反芻しながら帰京し、、

刊行されていたMusicMagazine3月号のAlbumReviewsの頁を繰った。あまり世に知られない音楽にまでの、深い解説が掲載されているMusic Magazineは、読むといつも、マニアックに陥らず、曖昧な表現を赦さない、辛口のコメントが散りばめられている真摯な音楽fan向けの音楽雑誌、と認識を持ち、長年刺激を受けてきました。

 2012 3月号の歌謡曲・J Pop新譜欄には原田和典さんの批評が連ねられています。原田さんは、先日私も観たブルーノート東京でのリチャード・ボナのステージのReportもなさっていて、、JAZZを愛する方なのですね。

JAZZ…ROCK…CLASSIC……いつも、音楽仲間との会話で音楽のジャンルの話題に火が点くと、ある人は音楽にジャンルはないと軽やかに語り、ある人は音楽をカテゴライズするのはナンセンスだと熱く論ずる。

では、パーカッショニストの私はというと、、、

世界の各地に在る太鼓、それを操って言葉のように表し音楽を生み出してきた人々、自然の産物や文明の流れや…取り巻く環境すべてを畏れ敬い、だからこそ、私自身の脳裏から離れないメロディや私の心が解けるハーモニーや私の体が揺れるリズムから湧き出る自分らしい音を見つめ続け、自分の音楽を育てるしかない、、と気付き、歩めた道があります。

今までに、沢山の音楽作品をオーディエンスに紹介し、音識人であられる原田和典さんが当作品に下さった評価とコメントからも、ミュージシャン大石真理恵の今までの歩の実りと、これからの歩の中で大切にすべきことに気付かされ、あらためて、言葉の力に敬服いたしました。

そして、当作品の私の音楽が、音楽批評家・原田和典さんの心に、小椋佳さんの思慮深く美しい言葉を届けられなかったことを残念に思い、また、心新たに精進したいと思っております。

感謝をこめて。

姿月あさとさんのTV 番組インタビューに参加しました

5月 17th, 2012 Posted in BLOG, MEDIA | No Comments »

TAKARAZUKA SKY STAGE「OGエンターテインメントTV NAVI#129」放映のお知らせです。

7/8(日)六本木SweetBasilにて行われる、「姿月あさと・ThePrayer?アンコールライヴ」をproduceなさる姿月あさとさんと、出演ミュージシャンのインタビューの模様を、以下日時にごらん頂けます。

6月04日 23:00〜、6月06日 19:00〜、6月09日 09:30〜、6月11日 16:30〜、6月13日 18:30〜、6月17日 01:30〜、

「ThePrayer?」の様子や、TopStar姿月さんの退団からソロ活動への意気込みやこだわりを感じて頂ける内容です。

新井昭乃さんの NEW ALBUM が届きま した

5月 14th, 2012 Posted in BLOG | No Comments »
201205142115000.jpg

Titleは「Red Planet」。

昭乃さんのメッセージがたっぷり詰まっています。

私は、12曲目に収録されている「Our Chirdren’s Rain Song」に、パーカッションを録音しました。

ニッポン放送「あなたもハッピーconcert」でのパーカッション器材Set

5月 2nd, 2012 Posted in BLOG, MEDIA | No Comments »
201204301248000.jpg 201204301247000.jpg

写真は、昨日、4/30日比谷公会堂にて行われた、ニッポン放送主催「あなたもハッピー」concertでの器材Set全体と、照明が反射してしまいましたが、ジルジャン(K)の合わせシンバル、Piatti。

set全体写真の左側ドラムキットには、バロック式木製スネアスタンドに黒色のYAMAHAのタム(ヘッドはレモのルネッサンス)をSetUpしています。ジルジャン(K)の12インチHi Hatは、最近ようやく音色が落ち着いてきました。