”8月, 2013”のエントリーを表示しています。

CD「SLOW 」の感想をいただきました

8月 22nd, 2013 Posted in BLOG | No Comments »

今までに、おそらくLIVE会場などで頂戴した手紙の中に、「SLOW」の感想をお書き下さったものを見つけ、嬉しく、お手紙の文面に忠実に、掲載させて頂きます。

「こんにちは。厳寒の候、いかがお過ごしですか?12月のコンサート、素敵でした。家族で見させて頂きました。主人にはまだ、CDに収録されている曲を聴かせていなかったのですが、この時、SLOWとThrough the windowが気に入ったようで、言っていました。きっと、まりえさんの雰囲気にピッタリだったんだと思います。私は、CDを手にしてから何度も聴いており、ある発見をしました。ジャケットの”海”を見ながら聴いていたら、SLOWのイメージが湧いてきました。海と向き合うのではなく、海と同じ側に立ってる自分がありました。ジャケットの丸い窓枠の外は、無限に広がる海、今、雑踏から逃れて自分の落ち着く家に帰ってきたところ、、、。窓辺に座り、ティータイム。だんだん心が落ち着き、SLOW,SLOW、ゆっくりゆっくりと白い窓枠の中に自分だけの海が見えてきたところ。ここまでの私は、2曲目のThrough the windowを耳にしているのです。疲れた身体がだんだんほぐれてきますね。この時間を大切にしたい気持ちでいっぱいになり、もっと自分だけの海を広く持ちたい気分のところで、1曲目SLOWが耳に入って来ました。Marieさんの声に連れられて丸窓枠の中いっぱいに海が広がり、周りの景色は全く見えなくなり、”真っ白”になりました。本当に自分だけの時間になったようです。これらの状況は、ジャケットを持って、鏡にうつすとわかっていただけると思いますが、、、、?!私は、仕事が終わって、家に帰って来た時、一人の時間が大好きです。そんな時に聴いて、ジャケットを見ながら、、の見解です。まったく個人の気持ちです。2曲目から聴く私は変わり者でしょうか?何の参考にもならない話かもしれませんが、このCDによって、最大限の癒しに遭遇できました。ありがとうございました。」

【大石より】「SLOW」は、深呼吸したくなるような音楽を創りたいと思って、レコーディングした3曲入りCDです。音楽をご自分のスタイルで楽しんでいらっしゃるのがよく判り、音楽人として嬉しい限りです。

8月 20th, 2013 Posted in BLOG | No Comments »
201308201828000.jpg

映画『シンドラーのリスト』Last近くで、ユダヤ人のお一人が感極まって歌いだすシーンを憶えておいででしょうか?

そのシーンで、涙がこみあげてきてしまった私は、先日、浜口庫之助氏のBS特番で、『街角で、自分の創った歌を誰かが歌うのが聞こえてきたときが、一番嬉しい』と、浜口庫之助氏が言っておられたと知り、歌は、生活人とともに脈々と生きているんだと思い、やはり、涙がこみあげてしまいました。そして、家族や友人を奪われ、命の危機にさらされ生き延びた人にとっての『歌』は、あふれ出る魂の叫び、喜びや苦しみの表出であったでしょう。

数年前、吉川晃司さんが演じられた杉原千畝の歌声は、どっしりとした大樹のような力強さに溢れていました。また、吉川さんが創られた劇中歌が凛々しく、心の葛藤と決心を訴えかけてきました。

2013年、9月、そのミュージカル【SEMPO】が再演されます。

いよいよ、再び台本を読み、音作りにとりかかります。

47年ぶりのTV番組「夢であいましょう」復活板

8月 20th, 2013 Posted in BLOG | No Comments »

先日、 NHKのスタジオで、「夢であいましょう」の収録が行われました。

倉田信雄さん率いる「倉田信雄音楽団」の演奏者として、Classic Percussionを担当し、装着したイヤーモニターの中には、ドラム、ベース、ピアノ、ギター、ラテンパーカッション、弦楽器、管楽器、コーラス、そして、さだまさしさんの強く優しく表情豊かな歌声が聞こえてきました。

従来、レコーディングではヘッドフォンを使うモニタリングが定番ですが、LIVEやTVの世界でも、いつの間にかモニタースピーカーを置かず、イヤーモニターを使う様になった近年、各々の音が鼓膜近くに聞こえるため、VOCALIST方の声の違いも、はっきり感じられるのです。

   実際、先日、さだまさしさんの歌声が聞こえた瞬間、なんとも夢心地になり、
       それはきっと、柔らかいのに強い歌声、そして、
   愛溢れるSPIRITから発せられる優しさから生まれるものなんだなあ、、!と、
      しばし仕事中であることを忘れる事態でした。
          8/23のON AIRが楽しみです!

60年のTV音楽

8月 11th, 2013 Posted in BLOG, MEDIA | No Comments »

2013お盆休みをスタートした8/10土曜日、NHK「第45回・思い出のメロディ」が放送されました。

生演奏での30曲余りは、多局の番組のテーマ曲、アニメーションの主題歌ハイライト、最初のTV放送の歌舞伎、昭和から平成の名歌の数々で埋め尽くされました。60年間、TVから流れる音楽を楽しみながら、人々は世間話をし、一日一日をより善く過ごすことによって、戦後の再出発を踏み出し、経済の高度成長期へ導き、すべてが煌めく豊かな時代を毎秒謳歌し、喜びや悲しみを共有してきたのだと、つくづく感じます。

ステージ袖の、Marimba、Vibraphone、Xylophone、Timpani、Glocken、Toys Tableに囲まれたスペースで縦横無尽に動き、演奏しながらも、常に、音楽から生まれるメッセージを感じ、あたたかい気持ちを頂きました。

どの曲も、現代を代表する作曲家方に新鮮な編曲を施され、レコーディングstudioでご一緒するmusician方が千住明さんの指揮により、生き生きと演奏し、まさに今、TVで活躍していらっしゃる出演者方が華やかにパフォーマンスし、めくるめく2時間30分でした。